原文


原文


ルータービットを使った作り方

花台を作る2 「アリ溝ビット」を使って脚部を接合


花台を作ります。

「ロの字型」の脚部を、天板にアリ溝で接合します。
かなりしっかりとしていますので、花台として使うのであれば強度も充分です。

※ベンチとして使う場合は、貫等で適宜補強する必要があります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

↑ 脚部はウォルナット材で作ります。ロの字型の枠は、ポケットホールジョイントで接合することにしました。

↑ ポケットホールジグを使って、電動ドリルで斜めの穴を空けます。

↑ ワークベンチで、しっかりとクランプしながらネジ止めします。
裏側などに加工することで、一般的なネジ止め/ダボ埋めの接合よりも目立たなくなるのも、ポケットホールジョイントの特長です。

↑ ポケットホールに、脚の材料と同じウォルナットのプラグを差し込んで隠します。

↑ いよいよ、ルータービットの登場です。
天板と脚を「アリ」で結合させます。
まず天板にアリ溝を彫りますが、「アリ溝ビット」を使う前に、スパイラルビットやストレートビットで、あらかじめ不要部分を切削します。
アリ溝ビットで削る量を減らすのが、キレイに仕上げるコツです。

※いきなり「アリ溝ビット」で溝を彫ると、ビットに大きな負荷がかかってしまうばかりでなく、キックバッグの危険もあります。

↑ 「アリ溝ビット」は、刃径24mm(B34-03)を用いました。
材料に固定したままフェンス位置を移動させることができる定規を使って、溝の幅を30mmに広げました。

★溝幅を広げる際には、ビットの回転方向と送り方向が同じにならないよう(クライムカットにならないよう)注意が必要です。
定規が必ずルーターの進行方向左側に位置するようにし、ビットの左側で切削してください。

★BTMT「アリ溝ビット」は、刃長を短く、刃径を大きくすることで、溝幅が広い時にも少ない回数で目的の幅が切削できるように工夫しました。

↑ 同じアリ溝ビットで、今度はルーターテーブルを使って、脚部にオス加工します。
材料を立てた状態でフェンスに沿わせてます。

ゆるくなってしまわないように、はじめは切削量を少なくします。
少しずつフェンス位置を調整して、アリ溝にぴったり合うように加工します。

↑ アリ溝とアリ桟の加工ができました。

↑ 脚部を差し込みます。
※この作例では、アリ溝やアリ桟に意図してテーパーは施していません。
天板、脚ともにわずかな歪み等があるので、最終的にはマレットで撃ち込まなければ入らないほどきついジョイントになります。

↑ 接合が完了しました。接着剤を塗らなくても、しっかりとした接合になります。

↑ 接地部分には、木栓を埋め込みました。

↑ 花台が完成しました。
サイズは1000mmx340mmx高さ500mm。幕板や貫がなく、すっきりとしたデザインです。
※イスとしては使えません。

↑ 脚の幅は天板よりわずかに小さくしています。(天板は、時間の経過と共に収縮すると思われるため)

アリ溝による接合が、シンプルなデザインで強度を出す秘訣です。


(完)

花台を作る1 天板の接ぎ合わせ面をルータービットで仕上げる


花台を作ります。

天板には、合板でおなじみですが、大きな無垢板は珍しい「シナ」の木を使います。


----------------------------------------------------------------------------------------------------

↑ シナの木の無垢板。
ヴァイオリンの裏板のような、美しい縮杢(ちぢみもく)が出ています。
大きな節もありますが、ワイルドに活かします。
1枚では天板の幅が足りないので、はぎ合わせます。

↑ 両サイドにベアリングの付いたB24-02両サイドベアリング・アップ+ダウン・スパイラルビット」を使い、接ぎ合わせる面を真っ直ぐに加工します。

【ポイント】
ベアリング付きのルータービットを使うメリットは、加工したい位置に直接テンプレートを配置できること!
(ルーターベースや、ビットの径によるオフセットを考慮する必要がない)
ここでは、アルミの構造材をテンプレートとして使いました。これは、板幅の狭い材料にも適応しやすい方法です。

↑ 途中まで切削したところ。

【ポイント】
ルータービットを無理に押し付けて、ルーターに過剰な負荷が掛かった状態で削るのは禁物です。
きれいに切削できないばかりでなく、ビットが折れてしまうなど、危険な場合があります。

↑ 節の部分もムシれたりせず、きれいに切削できました。

↑ 上下のベアリングのうち、ここでは上部のベアリングをテンプレートにあてています。

↑ 板接ぎ。デザイン的な観点から、ウォルナットを間にはさみ、アクセントに。

↑ 接着が済んだら、サンディング。

↑ シェラック塗装。硬化後に600番の耐水ペーパーで水砥ぎしワックスで仕上げました。

↑ 脚回りの製作は、別途紹介します。


あられ組みビットでツートンカラーの箱を作る


あられ組みが引き立つ、ツートンカラーの小箱を作ります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

↑ BTMTの3種類の「あられ組ビット」
(左からB51-01刃幅3mm、B51-02刃幅4mm、B51-03刃幅5mm)


----------------------------------------------------------------------------------------------------

↑ 自作のジグに、材料をしっかり定して加工します。

↑ 刃幅3mmの「あられ組ビット」で加工したところ。予備として多めに加工しています。

↑ 仮組みしました。ブナとウォルナットのコントラストが映えます。
(写真は刃幅5mmのビット)

↑ 接着。ここでは、ゴムチューブを用いて圧着しました。

↑ フタも作ります。
V溝ビットとトリマーテーブルで面取り。
面取りは45度が一般的ですが、角度が豊富にそろったBTMTのV溝ビットを使えば、面取りのパターンがひろがります。

↑ フタの裏側にはすべり止めの段欠き。
横溝ビットが便利です。

↑ 完成した3つの箱と、使用したBTMTルータービットを並べました。

白っぽいブナと、黒味のあるウォルナットの組み合わせが「あられ組」をクッキリと見せています。

・商品ページはここをクリック⇒ あられ組ビット

横溝ビットの使用例(その2)フタがずれないように段欠きを加工する


小箱のフタを作ってみませんか?

材料の裏側に段欠きすれば、箱にのせた時ズレなくなり、これだけでフタの完成です。

BTMTの「横溝ビット」は「段欠き」にもピッタリ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

↑ トリマーテーブルやルーターテーブルを利用すると、
ビットの高さとフェンスを一度設定してしまえば、どんどん加工がすすみます。

※指先が回転中のルータービットの刃に近づくと大変危険です。必要に応じて、押し棒やフェザーボードをご使用ください。

↑ 小箱の作例。

フタは、裏側に「横溝ビット」で段欠き、表側は「V溝ビット」で面取りをしました。シンプルな加工で、こんなにおしゃれに。

※箱本体のあられ組みはBTMT「あられ組みビット」で加工しました。


商品ページはこちら → 溝ビット

V溝ビットで面取り


豊富な角度が揃っているBTMTの「V溝ビット」を「面取り」に使ってみませんか?

----------------------------------------------------------------------------------------------------

↑ トリマーテーブルで、箱のフタを加工しました。材料は立てた状態でフェンスに沿わせます。特別なジグを自作する必要はありません。

一般的な45度以外でも、BTMTルータービットの様々な角度を利用すれば、繊細な表情の面取りを、簡単に加工することができます。

↑ フタをV溝ビットで面取りした小箱の作例。
(箱のあられ組みはBTMT「あられ組みビット」で加工)



商品ページはこちら → V溝ビット

V溝ビットで作る多角形の箱はこちら → 多角形の箱

「あられ組」ビットで、加工できるサイズとカタチ


デザインとしても面白い、伝統的な組み手「あられ組」。
小さなものであれば、このルータービットで素早く加工できますが、気軽に使えるビットではないのも事実。

ここでは、「あられ組ビット」で加工できる材料のサイズと、あられ組のカタチのヴァリエーションを紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

あられ組みビット加工例

1 材料の厚さは?
BTMT「あられ組ビット」(B51-01、B51-02、B51-03)の刃の深さは、いずれも8.5mm。


板の厚さは、8mm厚くらいが最適です。
8.5mm以内であれば良いのですが、木口部分が少し突き出ている状態(下写真)にしておいたほうが、きれいに仕上げることができます。

↓ 木口が少し突き出ている方が、カンナやサンダーをかける時、きれいに仕上げやすいです。



2 材料の板幅は?

パターンが3つ考えられます。

※イラストはB51-01を例にしています。

(1)左右対称(上下非対称)

このビットで加工できる最大板幅が加工できます。
・B51-01(刃幅3mm、刃長27mm)⇒板幅30mm
・B51-02(刃幅4mm、刃長36mm)⇒板幅40mm
・B51-03(刃幅5mm、刃長45mm)⇒板幅50mm







(2)上下左右対称

加工できる板幅は、ビットの刃長と同じになります。

一番基本的なレイアウトです。
接合する部分の形状がそれぞれ異なるため、ビットの突出し量を2回設定する必要があります。


↓ イラストは、B51-01(刃幅3mm、刃長27mm)の例

(3)点対称

市販されている「マス」は、このパターンになります。
1種類の形状の板を加工するだけで良いため、量産に適しています。

↓ イラストは、B51-01(刃幅3mm、刃長27mm)の例

・商品ページはここをクリック⇒ あられ組ビット

・ジグの製作例はこちら⇒ 加工に必要なジグ



2017年3月24日作成
2017年6月2日更新

ディッシュビットで木のランチトレイを作る


刃径35mmのディッシュビット(B32-21)を使い、木のトレイを作りました。

ディッシュビット作例

---------------------------------------------------------------------------------------------------

複数のトレイを作るため、専用のジグを作成して加工します。

ディッシュビット作例
ジグは、上写真中央の「台座部」に材料をはめこみ、くぼみを掘るための「テンプレート部」をかぶせて使用します。
※テンプレートは、2つのくぼみを切削するために2つ用意されています。

ディッシュビット作例
大きなくぼみを切削するためのテンプレートをかぶせました。
台座部の枠に、ぴったりとはまります。

ディッシュビット治具
テンプレート枠に、ルータービットのベアリングをあてて、このように加工します。

ディッシュビット作例
大きなくぼみを切削しました。このあと、テンプレートを取り替えて、小さいほうのくぼみを掘ります。

ディッシュビット作例
ちいさいくぼみを切削しました。

ディッシュビット作例
切削面のアップ。
木口も滑らかに切削され、光を反射しています。

ディッシュビット作例
これだけの枚数を切削しましたが、BTMTのディッシュビットは、まだまだ切れ味を保っています。

商品ページはここをクリック⇒ ディッシュビット


2017年3月16日更新

BTMT横溝ビットの使用例(その1) 「包み接ぎ」の箱を作る

BTMTの横溝ビットを使えば、トリマーだけで、包み接ぎの加工ができます。



「包み接ぎ」は、直角に接合する板の一方に「段欠き」を加工するだけで出来る、比較的簡単な接合方法です。

接着面積が増えて強度が増し、また、固定する時に位置が決まりやすくなるなどのメリットもあります。


箱を作るための材料を用意しました(写真は枠部分のみ)。
・写真左はパイン材(厚さ15mm)。
 こちらの2枚に、横溝ビットで段欠きを加工します。
・写真右はツガ材(厚さ9mm)。
 こちらの2枚は加工不要です。


写真右側の、一番幅の大きい横溝ビットを使いました。(B31-10幅12mm横溝ビット)



このビットは、ベアリングによって深さ9mmの溝や、幅9mmの段欠きが加工できます。
段欠きの幅に合わせて9mm厚の材料を用意しました。



横溝ビットのベアリングを、材料の木口にあてて加工しました。
ガイド定規なども必要ないので、あっという間に加工が終わります。
※1度にこの深さを切削せず、ビットの突出し量を変えて2回で切削しました。



仮組しました。
(この後、底板を作成しました。)
段欠きのおかげで位置を合わせやすく、接着時の直角出しも楽に行えました。


 
商品ページはここをクリック⇒ 横溝ビット


2017年2月14日更新

V溝ビットで多角形の箱をつくる


V溝ビットで、1枚の板に複数の溝を切削していくと、このような箱ができます。


(作例:B33-04「60度V溝ビット」を使った6角形の箱)
1枚の板からできているので、木目がつながるのも特徴です。
BTMTのV溝ビットには様々な角度を用意しました。
4・6・8・10・12角形を作ることができます。

-----------------------------------------------------------------------------------------

下記は、B33-10「30度V溝ビット」で12角形を作成しているところです。


ビットの出を、板厚と等しくなるように調整します。
板の裏側には、マスキングテープ等を貼って、板がバラバラにならないようにしておきます。
木目に直角なV溝を等間隔にトリマーで切削しました。 (トリマーを沿わせる、自作のT定規を作成しておくと便利です)

※あらかじめ、鋸目やミゾを加工しておいてからV溝ビットを使うと、刃先にかかる負担が抑えられます。

V溝ビット加工



あらかじめ貼っておいたマスキングテープのおかげでバラバラになりません。




マスキングテープで仮止めしたところ。
木工用接着剤を塗り、テープやヒモ等で締め付けて圧着させます。 

ルータービットBTMT|V溝ビット30度

商品ページはこちら → V溝ビット

応用編はこちら → V溝ビットで面取り

 

クレジットカードが使えます。
クレジットカード画像
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__
    購入でランクアップ!
※表示が変わらない場合は、ブラウザの更新ボタンを押してください。

発送日カレンダー
  • 今日
  • 発送日

発送日 : 当日12:00までのご注文分を順次発送します。

ページトップへ