原文


原文


ルータービット HOW TO

パターンビットの使い分け

パターンビットのバリエーション ↑クリックすると、関連するビットの一覧へ移ります。  



ベアリングが【刃の根元】にあるのが、「トップベアリング・パターンビット」、
ベアリングが【ビットの先端】にあるのが「フラッシュトリムビット」です。


=======================================================
ベアリングの位置による使い分け
=======================================================

材料にテンプレートを固定して、木端や木口を加工するイメージで、それぞれのビットの特徴をご紹介します。

※テンプレートは必ず、ルーターやトリマーの進行方向左側に来るように配置します。
(イラストでは、テンプレートが奥に位置し、トリマーを左右に動かしています)



1、
「トップベアリング・パターンビット」を使います。テンプレートにベアリングを当てて、材料を加工します。


2、
切削して平滑になった部分に、今度はベアリングが当たるように、ビットの突出し量を増やします。
ビットの刃長が短くても、すでに加工した部分をテンプレートにすることで、刃長よりも幅広い加工ができます。


3、
材料を裏返し、今度は「フラッシュトリムビット」を使います。
トップベアリング・パターンビットで平滑にした部分がにベアリングを当てます。
この方法で、かなり厚みのある材料の加工もできます。



この他に、ベアリングが【刃の両側】に付いている「両サイドベアリング・パターンビット」もあり、別ページで使用法を紹介しています。

 

クレジットカードが使えます。
クレジットカード画像
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__
    購入でランクアップ!
※表示が変わらない場合は、ブラウザの更新ボタンを押してください。

発送日カレンダー
  • 今日
  • 発送日

発送日 : 当日12:00までのご注文分を順次発送します。

ページトップへ