原文


原文


パンタルーター

パンタルーターのしくみ(1)各部のなまえ


これから、パンタルーターの動くしくみを分かりやすくご紹介していきたいと思っています。

パンタルーターの基本は、「テンプレート」を「ガイド」と呼ばれるピンでなぞって「ルータービット」を動かすこと、です。
ルータービットで削り出されるのは、テンプレートと全く同じカタチ、ただし大きさは1/2サイズになります。

まずは、各部のなまえと簡単なはたらきについてです。

※実際に発売される製品と外観等が異なる場合がございます。

①テンプレートホルダー

②シックネスゲージ
 材料の厚みに合わせて、テンプレートホルダーの高さを設定するゲージ。

③テンプレート
 ※画像は弊社専任スタッフによる試作品(商品ではありません)

④ガイド
 テンプレートをなぞるピンです。

⑤パンタグラフ・アッセンブリー
 上部のレバーでパンタグラフを動かします。

⑥ルーターモーター
 ※実際の製品はAMB 800FME-Q(ドイツ製)となります。

⑦レバークランプ

⑧アングルストップ
 材料を直角に固定するためのフェンスです。

⑨傾斜テーブル  
 水平~垂直に傾斜します。

⑩デプスストッパー
 ルーターの切削深さを規制するストッパーです。

⑪プランジレバー
 ルーターの切削深さを動かすレバーです。


【実際に加工できる最大サイズ】
※垂直に材料を固定した時の最大サイズを表しています。
※水平にしたテーブルの上に材料を固定した場合の最大加工高さは、約100mmとなります。

材料の固定位置を動かすことで、より大きな面積を加工することもできます。

 

クレジットカードが使えます。
クレジットカード画像
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__
    購入でランクアップ!
※表示が変わらない場合は、ブラウザの更新ボタンを押してください。

発送日カレンダー
  • 今日
  • 発送日

発送日 : 当日12:00までのご注文分を順次発送します。

ページトップへ